屋根工事

紫外線や雨・風・雪など、私たちの住まいを様々な外的要因から守ってくれている屋根は、年月と共にその表面は少しずつ劣化していき、防水性も落ちてしまいます。

「変色している」「瓦がズレたり割れている」「藻やコケが発生している」「天井や柱に雨染みがある」
もし、そんな症状が一つでも当てはまれば、直ぐに当社までご連絡ください。

最適な屋根のメンテナンスで、お住まいの寿命を延ばします。

 

屋根の工法とその特徴

◎ 葺き替え工事
古い屋根を解体し、新しい屋根に付け替える工事です。
普段手を入れにくい下地部分までしっかり補修することができるため、築年数の長いお家でも安心です。
また、耐震対策としても、重い瓦屋根から軽いスレート屋根へ葺き替えするお宅も増加しています。

◎ カバー工事
既存の屋根はそのままに、上から新しい屋根を被せるカバー工事。この工法では解体工事がほぼ不要となります。
また、廃材もほとんどでず、解体工事費と廃材処理費の分、お安く屋根のメンテナンスを行うことが可能です。
屋根が二重になるため断熱性・遮音性も向上する一方、屋根の重量が増すというデメリットもあります。

◎ 雨漏り・補修工事
天井にシミができたり、壁紙が剥がれだしたら、雨漏りが起こっているサインといえます。
当社では屋根材の割れや浮き、漆喰の劣化など原因を正しく見極めてから適切な補修工事を行います。
もし、今お住いの屋根にそんな異常を発見すれば、すぐにご連絡ください。

屋根材の種類と特徴

◎ 和瓦
日本の風土にぴったり合う和瓦は何といっても、50年以上もつと言われる長い耐久性が魅力。
和モダンなデザインが人気の現代建築において、また需要が増え続けています。
陶器のため、熱や突風にも負けない強靭さと塗り替え不要の高いメンテナンス性が一番のメリットと言えるでしょう。

◎ 洋瓦
和瓦と同じ陶器で、同じ性質を持っていますが、違いは長方形の洋風様式であるということ。
現在では、洋風住宅でも瓦が多く採用されるようになりました。
屋根材の中では最も高価格ですが、その分、耐久性・デザイン性ともに優れています。

◎ スレート屋根
日本の屋根材として、シェアを伸ばしているのが化粧スレート。
加工がしやすく軽量。この利点から多くの新興住宅で採用されています。
約10年に一度の塗装メンテナンスが必要ですが、お好みの色に塗り替えれば、葺き替えなどの大きな工事をすることなくイメージチェンジが可能です。

◎ 金属屋根
金属の板を、屋根の形状に合わせて加工して作られている、金属屋根。
特徴は、軽くて加工がしやすいところにあり、カラーバリエーション・素材など豊富に揃っていますので、建物の用途やご予算に合わせて、それぞれ選ぶことができます。

一覧ページに戻る