バリアフリー・耐震工事

バリアフリーリフォーム

そこに住む方のために、建物の段差を無くしたり手すりを設置したりして、危険を減らし、快適に動けるようにするのがバリアフリーリフォーム。

こんなバリアフリー工事も承ります!

□ 手すりの設置
□ 引き戸へ変更
□ スロープの設置
□ 段差の解消
□ 車椅子対応改修

 

高齢者住宅改修費用助成制度

介護リフォームをするにあたり、事前に必ず確認しておきたいのが『高齢者住宅改修費用助成制度』。
ご家族内に要介護認定(※要介護認定で「要支援1・2」もしくは「要介護1~5」)を受けている被保険者がいる場合、介護保険制度で補助金が支給されます。

この制度を利用するには、市区町村の各自治体や保健福祉センターに事前の申請が必要となります。
申請の仕方がよくわからない場合は、当社が申請手続き等のサポートもいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

介護リフォームの対象となる工事内容例

◎ 手すりの設置
近年ではスタイリッシュなステンレスの手すりなどが人気となっています!今どきの介護リフォームはお洒落にもこだわっている方も多くいらっしゃいます。

◎ 段差や傾斜の解消
家の中に段差があると、ふとした拍子につまずいて転んでしまうケースも。不安要素はスッキリ解消しておくことがオススメです。

◎ 引き戸などへの扉の取り替え
「押してあける扉」「手前に引いて開ける扉」は車椅子を利用する人にとって非常に使いづらいもの。
その場合は、引き戸への変更がオススメです。

 

耐震工事

大地震が起こった際、圧死や窒息死の要因となる建物の倒壊は人命に大きく関わります。
このような被害のリスクは、耐震工事で大きく軽減することができます。

このような建物は耐震リフォームをご検討ください
◎ オーバーハングした建物
2階が1階より飛び出ている建物は、その飛び出している部分を梁だけで支えているため、どうしても不安定になりがちです。

◎ 1階に壁が少ない建物
1階が店舗や車庫となっている建物が該当します。
建物を支える壁が少ないため、その分脆く、倒壊する危険性があります。

◎ 下屋の大きい建物
建物は1階と2階の外壁線が揃っている方が構造上安定します。
しかし、2階が小さい建物は外壁が1階と繋がっていない場合があります。

◎ 老築化した建物
建物の土台や柱が腐っていたり、シロアリや雨漏りが発生していると、建物の強度は急激に低下します。
このような建物は耐震工事に加えて、シロアリ駆除や雨漏りの修繕を同時にすることをオススメいたします

一覧ページに戻る